読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PARDON | 写真、動画をトコトン鍛錬する

主にミラーレス一眼(α7S)で写真や動画を撮っています。 好きこそ物の上手なれとは言いますが、なかなか上達しない腕にカツを入れるための記録。

カメラ遍歴を写真と共に振り返る。カメラ7台、レンズ17本。

TIPS カメラ 写真

ブログを初めてそろそろ1ヵ月ということもあり、私が今まで使ってきたカメラ遍歴を写真と共にまとめてみようと思います。
過去に撮った写真を見返すのは面白いのですが、身近な人々が凄く若く写っているのはちょっと精神的にグッと来ますね。もう下り坂だということを認めたく無いのですが、写真は正直なのです。

  

初めてのデジタル一眼レフカメラ α350 (2008年~2008年)

f:id:bibu747:20080127030650j:plainSONY α350 (DSLR-A350)

私の記念すべき初カメラ(デジタル)は、αシリーズのエントリーモデルとして発売されたα350でした。有効1420万画素と今使ってるα7Sよりも高画素なのが少し面白いです。今やソニーのラインナップには無くなってしまいましたが、一眼レフ機ですのでファインダーを覗いて楽しく撮影していたと記憶しています。初めて触るカメラでしたので、ライブビューやチルトする液晶モニターが画期的と言われてもピンと来ず、あまり使った記憶は無かったように思います。

 

同時購入レンズ。SIGMA 30mm F1.4 EX DC

f:id:bibu747:20080720142529j:plain

シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 ソニー用

シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 ソニー用

 

お店でこの組み合わせで展示してあったのです。それをそっくりそのまま購入しました。
ファインダー覗いた瞬間、まともに一眼レフで写真撮ったことも無いのに、自分って写真上手いんじゃ無いの?と初心者がよく勘違いする単焦点開放症候群にすぐに罹りました

 

やっぱり望遠が欲しくなる。SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO 

f:id:bibu747:20080804124749j:plain

SIGMA 望遠ズームレンズ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ソニー用 フルサイズ対応 508340

SIGMA 望遠ズームレンズ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO ソニー用 フルサイズ対応 508340

 

このころはひたすらスナップを撮り続けていました。となるとやっぱりズームレンズ欲しいよね!ってことで70-300を購入。随分暗いレンズではありますが、明るさはあまり気にしていなかったと思います。

 

早くもレンズ沼。初のツァイス。SONY Planar T* 85mm F1.4 ZA 

20080824195910

ソニー SONY Planar T* 85mm F1.4 ZA SAL85F14Z

ソニー SONY Planar T* 85mm F1.4 ZA SAL85F14Z

 

初のデジタル一眼レフを手にして3ヵ月程度にしてツァイス単焦点。欲望は止りませんでした。一番良いものが欲しいという思考で、たどり着いたのがSONYのPlanar 85mm。オートフォーカスで使える唯一のプラナー(当時のラインナップで)。という売り文句も当時に私にグサグサと刺さってたと思います。 

  

2代目にしてフルサイズフラグシップα900 (2008年~2009年)

f:id:bibu747:20161218222544j:plainSONY α900 (DSLR-A900)

もう止まりませんでした。α350を購入して半年と立たずαシリーズのフラグシップモデルのα900が発売されるや、すぐに購入。

α900は35mmフルサイズ有効2460万画素ファインダー視野率約100%ということで大いに話題となりました。α900とPlanar T* 85mm F1.4 ZA の組み合わせの重厚感、プロダクトとしてのカッコよさに惚れ惚れしていたことが思い起こされます。

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di  (Model A09)  

85mmだけでは戦えないため、F2.8通しのズームレンズも抑えました。α350時代のAPC-S用レンズはすべて売却しました。

 

が、ここで問題が発生。あまりに重くなったカメラ機材一式を気軽に持ち出すのが億劫になってしまいました・・・。次第に使わなくなり・・・。  

  

イチからリセット。ニコン時代 D90 (2009年~2010年)

f:id:bibu747:20080606162739j:plainNikon D90

引っ越しなども重なり「要らないものは売却だ!」の精神でα900を手放し、しばらくカメラとおさらばです。恐らく半年くらいは耐えたと思いますが、次第にやっぱり一眼レフ欲しい・・・と思うようになり、価格的にもサイズ的にもバランスの良かったD90に出会いました。D90はDXフォーマット(APS-C)の有効1,230万画素CMOSセンサーを搭載した、一眼レフカメラでは世界初となる動画撮影機能「Dムービー」を備えているミドルレンジの名機です。

まずはズームをチョイス。AF-S DX NIKKOR 18-200mm f/3.5-5.6G ED VR II

f:id:bibu747:20090613155837j:plain

f:id:bibu747:20090604210553j:plain

高倍率ズーム最高!!ってことでまた、気軽にフィールドに持ち出すようになりました。

  

やっぱり単焦点が欲しくなる。SIGMA SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

f:id:bibu747:20090816114034j:plain

SIGMA 単焦点標準レンズ 50mm F1.4 EX DG HSM ニコン用 フルサイズ対応 310554

SIGMA 単焦点標準レンズ 50mm F1.4 EX DG HSM ニコン用 フルサイズ対応 310554

 

ズームレンズばかりで撮っているとやはり単焦点が欲しくなってしまいます。そこでα350時代に使っていたSIGMAの30mmの購入を検討しましたが、同じ焦点距離のレンズを買っても面白くないなぁと思い、50mmの単焦点をチョイス。一瞬で虜になりました。 

 

 

悪い癖が出てフルサイズ移行。キヤノン時代 EOS 5D Mark II(2010年)

f:id:bibu747:20161218235121j:plainCANON EOS 5D Mark II

やっぱり写真にハマるとフルサイズに移行したくなる性分の様です。2010年頃のフルサイズ事情としては、ニコンは購入可能なフルサイズはD700くらいしかありませんでした。D700はサイズはデカいし、画素数は少ないので選択肢から外しました。となるとα900買戻しか?等と考えましたが、レンズのランナップに魅力を感じキヤノンに移行です。

5D MarkIIは発売後それなりに時間が経っており、価格もこなれてきておりましたし、ムービー機能で大ブレイクしていましたので、動画も視野に入れチョイスしました。

 

5D Mark IIのキットレンズ EF24-105mm F4L IS USM

f:id:bibu747:20100920132245j:plain

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS USM フルサイズ対応

 

キットレンズといえども憧れのLレンズ。(正確に言うと憧れてはいませんでしたが) 

D90で惚れ込んだSIGMA 50mmを再度購入 SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM 

f:id:bibu747:20100904213059j:plain

SIGMA 単焦点標準レンズ 50mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 単焦点標準レンズ 50mm F1.4 EX DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

本来の焦点距離で使える50mmはお気に入りレンズでした。

どうもフルサイズボディのカメラを持つと、途端にカメラを使わなくなる病にかかっていたようで、EOS 5D Mark IIも早々に埃をかぶる存在に。

 

SONY回帰。α55(2011年~2013年)

f:id:bibu747:20161219011219j:plain

2010年早々には使わなくなったEOS 5D Mark IIを手放し、しばらくまたカメラレスの時代が続きます。今思うと凄く勿体ない・・・。でも、このころはiPhoneのカメラの性能も上がっており、一眼レフにそこまで必要性を感じていませんでした。
ただ、旅行に行った時にちゃんとしたカメラで記録を残しておきたい・・・と考えるようになり、小ぶりでそこそこの手頃なカメラが欲しくなってきました。ミラーレスにも惹かれていましたが、当時は「eマウントとか無いわー」と思ってたので、Translucent Mirror Technology(トランスルーセントミラー・テクノロジー)を搭載したという新しさにも惹かれてAマウントのデジタル一眼カメラであるα55をチョイス。
高速オートフォーカスと最高約10コマ/秒連写を実現した、スピード一眼と言われていましたが、高速オートフォーカス機能は一度も使いませんでした。

やや広角よりのF2.8通し。SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC 

f:id:bibu747:20110820150744j:plain

f:id:bibu747:20120909080003j:plain

f:id:bibu747:20110710121833j:plain

シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO  デジタル専用 ソニー用

シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO デジタル専用 ソニー用

 

 APS-Cに逆戻りですが、出来るだけ明るく、旅行に最適であろう広角寄りのF2.8通しのレンズを購入。驚くべきことにこのカメラとこのレンズのセットが人生で一番長い期間使っていたようです。

 

遂にミラーレス一眼デビュー。NEX-7 (2013年~2014年)

f:id:bibu747:20161219013629j:plainSONY NEX-7

α55に特に不満もありませんでしたが、そろそろカメラを新調したいと思っていたところで「そろそろeマウントか!!」とスイッチが入りNEX-7を購入。ただ、結果的にNEX-7を持っている間、eマウントのレンズを買うことは有りませんでした

引き続きマウントアダプタ(LA-EA2)を付けて続投。SIGMA 18-50mm F2.8 EX DC

f:id:bibu747:20161219231708j:plain

この頃から写真の完成度を気にするようになりました。今まで写真を撮るために出かけたりすることは無かったのですが、定期的に写真を撮るためだけに遠出も厭わ無くなり、車中泊なんて何のそのです。

マウントアダプタ(LA-EA2)を付けて、Aマウントレンズ追加。SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM

f:id:bibu747:20140112172921j:plain

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ソニー用 APS-C専用 203627

SIGMA 超広角ズームレンズ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM ソニー用 APS-C専用 203627

 

 フルサイズ換算で12mm-24mmの超広角レンズ。解像感が無く、周辺も流れまくるレンズだったので、あまり出番は有りませんでした。

オールドレンズ祭り。Contax 90mm F2.8 Sonnar T* 

f:id:bibu747:20140628171318j:plain

CONTAX Carl Zeiss SonnarT* 90mm F2.8

CONTAX Carl Zeiss SonnarT* 90mm F2.8

 

ミラーレス機はマウントアダプタを付けて、オールドレンズを楽しむ遊びが流行っていて、遅くなりましたが私もそのビックウェーブに乗っかりました。先ずはCONTAX G。

オールドレンズ祭り2。CONTAX Carl Zeiss Planar 50mm F1.7

f:id:bibu747:20141019061830j:plain

CONTAX コンタックス Planar 50mm F1.7 T* MMJ

CONTAX コンタックス Planar 50mm F1.7 T* MMJ

 

続けてヤシコンツァイス。50mm 1.4ではなく1.7を格安で購入して、遊ばしてもらいました。暫くはNEX7 + Planar 50mm F1.7 の組み合わせの出番が多かったです。何しろ軽いんです。

 

それなりにNEX-7は使い倒しました。今までチャレンジしたことが無かった、NDフィルターを付けた日中長時間露光、夜間の長時間露光のスタートレイル。マニュアルフォーカスレンズのお陰で、レンズの絞りの意味も身体に叩き込めたりなど、カメラ偏差値はNEX-7のおかげで随分上がったと思います。

現在の環境。フルサイズミラーレス一眼。α7S (2014年~現在)

f:id:bibu747:20161219234940j:plainSONY α7S(ILCE-7S)

フルサイズ機を買うとカメラを使わなくなるというジンクスを打ち破って、使い倒しているカメラです。α7S購入時には、相変わらずeマウントのレンズは増えませんでした。

 

オールドレンズ祭り3。CONTAX Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm f4 

f:id:bibu747:20150404185841j:plain

CONTAX Carl Zeiss Vario-SonnarT* 80-200mm F4

CONTAX Carl Zeiss Vario-SonnarT* 80-200mm F4

 
オールドレンズ祭り4。CONTAX Carl Zeiss Distagon 28mm F2.8 

f:id:bibu747:20141228124247j:plain

CONTAX コンタックス Distagon T* 28mm F2.8 MMJ

CONTAX コンタックス Distagon T* 28mm F2.8 MMJ

 

 

安いオールドレンズばかり集めて、一旦それなりに撮れる環境を整えました。 

  • Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8
  • Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.7
  • Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8
  • Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 80-200mm F4

しかしやっぱりeマウントのレンズが欲しい。ランドスケープを頻繁に撮影するようになってからは広角側のズームの必要性、撮影の幅を広げるマクロ、動画にも対応出来るようなレンズ内手ぶれ補正付きのレンズ、等々。全てeマウントで揃えることを心に決めて1年掛けて揃えていきました。

初めてのeマウントレンズ!! SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS 

f:id:bibu747:20151220172020j:plain

初マクロレンズ!! SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS   

f:id:bibu747:20160618055844j:plain

 標準単焦点。優等生レンズ。 SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

f:id:bibu747:20160903215602j:plain

SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA フルサイズ対応

SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA フルサイズ対応

 
  • SONY Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS
  • SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
  • SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

ということで上記3つのレンズが現在のローテーションになっています。長い期間で見てみると無駄な動きばかりしていましたが、ようやくまともに使えるレンズ構成が初めて揃ったと言えます。あとは望遠かなぁ・・・。

ということで、次に購入するカメラ、レンズは何にしようかと妄想しておきます。