PARDON | 写真、動画をトコトン鍛錬する

主にミラーレス一眼(α7S)で写真や動画を撮っています。 好きこそ物の上手なれとは言いますが、なかなか上達しない腕にカツを入れるための記録。

写真プリントとデジカメの記録画素数の話

f:id:bibu747:20161215232010j:plain

私はあまり写真プリントはしません。

一応、A3ノビのフチ無し印刷可能なEPSON PX-G5300という、化石ではありますがプロフェッショナル品質のプリンタは持っているのですが、写真用紙クリスピアみたいな高価でテカッテカの紙に印刷することは少なくなりました。そもそも、最近写真を印刷する動機づけがあまり無いのが要因かもしれません。家族に写真を見せる際も、iPad等のほうがかさばらず便利ですしね。 

EPSON 写真用紙クリスピア<高光沢>A4 50枚 KA450SCKR

EPSON 写真用紙クリスピア<高光沢>A4 50枚 KA450SCKR

 

 ただ、写真をプリントするのはとても楽しいです。やはりモニタで見る写真よりも実際に出力された写真を見るのでは大きく印象が異なりますし、後から見返したときに思い出がカタチになって残っているのは良いものですよね。

私の持っているα7sというカメラはISO409600までの超高感度撮影ができる、所謂高感度モンスターマシンなのですが、如何せん有効画素数1220万画素程度しかありません。

先に言った通り、私は写真プリントをあんまりしませんので、1220万画素という昨今の高画素化の世の流れの中ではかなり貧弱に見える画素数でも、特に不便を感じたことはありません。ただ、本気で写真を出力し、作品として使おうと思った際に、どれくらいのサイズに耐えれるだろうかと疑問に思い、調べてみました。

実際のサイズ感イメージ

f:id:bibu747:20161216004406j:plain

27インチiMacと24インチのLCDモニタの上に並べたイメージではこんな感じになります。A2になると大判とか言われるサイズ感で、なかなか家庭用のプリンタで出力するのは難しい大きさになります。A3でもそこそこ大きいので、場所を取りますしまぁまぁ邪魔ですね!!

A2対応で現実的なサイズ感のプリンタは下記のようなものがあります。 

Canon プリンター インクジェット大判 imagePROGRAF PRO-1000

Canon プリンター インクジェット大判 imagePROGRAF PRO-1000

 
EPSON インクジェットプリンター SC-PX3V

EPSON インクジェットプリンター SC-PX3V

 

 

代表的な用紙サイズと必要なピクセル / 画素数

サイズ名称実寸 (mm)ピクセル数画素数
L判 89×127 1050×1500 158万画素
KG判 102×152 1200×1800 216万画素
2L判 127×178 1500×2100 315万画素
六切 203×254 2400×3000 720万画素
A4 210×297 2480×3508 870万画素
四切 254×305 3000×3600 1080万画素
A3 297×420 3508×4961 1740万画素
A2 420×594 4961×7016 3480万画素

※解像度は一般的な300dpiでの数値です。
※サンプル画像の通り、ピクセルは横×高さで記載しています。

α7sであれば、記録画素数は1220万画素(4240 x 2832)ですので、A4や四切程度であれば印刷可能な計算になります。

昨今のミラーレス一眼、一眼レフ機は、APS-C機でも大体2000万画素オーバーで保存出来ますので、A3程度ですと余裕をもって高品質な印刷が出来るという訳ですね。 

EPSON 写真用紙クリスピア<高光沢>A4 50枚 KA450SCKR

EPSON 写真用紙クリスピア<高光沢>A4 50枚 KA450SCKR

 
セイコーエプソン UltraSmooth Fine Art Paper (A3ノビ/25枚) KA3N25USFA

セイコーエプソン UltraSmooth Fine Art Paper (A3ノビ/25枚) KA3N25USFA

 
Canon 写真用紙 微粒面光沢 ラスター A4 20枚 LU-101A420

Canon 写真用紙 微粒面光沢 ラスター A4 20枚 LU-101A420

 
Canon 写真用紙・光沢プロ[プラチナグレード] A4サイズ20枚 PT-201A420

Canon 写真用紙・光沢プロ[プラチナグレード] A4サイズ20枚 PT-201A420