読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PARDON | 写真、動画をトコトン鍛錬する

主にミラーレス一眼(α7S)で写真や動画を撮っています。 好きこそ物の上手なれとは言いますが、なかなか上達しない腕にカツを入れるための記録。

【TIPS】Photoshopのアクションで高品位なイメージを手軽に作成

一昨日の話。写真の撮り納めをするつもりだったのですが、車がパンクしていて出掛ける事ができませんでした。なんて不運!

でも、出発は夜中だったので、途中で動けなくなるよりマシだったかも知れません。
ロードサービスは過去1度しか利用した事が無く、JAFにも未加入でしたが、このタイミングでJAFに加入し、本日パンク修理してもらいました。来年に持ち越さなくてよかったです。

という事で、今年最後のエントリーは絶景訪問で締めくくりたかったのですが、新たな素材が無いため、仕方なくPhotoshopのアクションで遊んでみました。

Photoshopのアクションとは?

Photoshopのアクション機能とは、Photoshop での一連の作業を記憶しておいて、必要な時に再利用できるようにする機能です。用途としてすぐに思い付くのは、大量の画像をリサイズして保存するなど、単純なタスクを自動化して、めんどくさい作業をお任せするって感じでしょうか。

このPhotoshopのアクション機能なのですが、世の中の凄い人達が作成したクリエイティブなアクションが多数配布(無料有料問わず)されており、それを使う事で、非常に簡単にハイクオリティな写真加工が自動で出来るようになります。

存在は知っていたものの、試す機会も無かったのでスルーしておりましたが、この度初めてまともに使ってみました。

私が使用したのは有料のアクションではありますが、1アクション数百円程度ですので試す価値はあるかと思います。

オブジェクトの部分を分散

f:id:bibu747:20161231211936j:plain

 

マスクを残してガラスのような処理に

f:id:bibu747:20090620171749j:plain

選択範囲を燃やす

f:id:bibu747:20090620223516j:plain

選択範囲を残してグラフィックを描画

f:id:bibu747:20161231182709j:plain

試したのは全てsevenstylesというクリエイターのアクションです。全て高品位なイメージを手軽に生成してくれるので、オススメです。

graphicriver.net

 

過去に撮った写真を再現像とは違った切り口でアウトプット出来るのは面白いですね。

 

注意事項

海外のPhotoshopのアクションを実行する場合、Photoshopが日本語で起動しているとエラーになってしまいます。

この解決策はAdobeの公式Blogに記載がありますが、tw10428.datをリネームしてPhotoshopを英語版で起動してみましょう。

Photoshopを英語版で起動するには、「/Applications/Adobe Photoshop CC 2015/Locales/ja_JP/Support Files/」にある「tw10428.dat」を「_tw10428.dat」のように変更してからPhotoshopを再起動します(削除しないようにご注意ください)。

blogs.adobe.com