読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PARDON | 写真、動画をトコトン鍛錬する

主にミラーレス一眼(α7S)で写真や動画を撮っています。 好きこそ物の上手なれとは言いますが、なかなか上達しない腕にカツを入れるための記録。

ベトナム旅行動画 α7sでの動画撮影の顛末記

写真 動画 旅行

f:id:bibu747:20161123190806j:plainα7S ILCE-7S / SEL55F18Z / 55mm / 1/60秒 / F2.8 / ISO800

前回の台湾旅行から約4か月後の、α7sを使ったベトナムでの動画撮影の顛末記です。 

ベトナムは今注目の旅行先

ベトナムは今注目の旅行先として注目されており、2016年のゴールデンウィークでもベトナムのダナンは前年比で約4倍の人気を獲得したようです。おそらくこの年末年始もベトナムは人気の渡航先ランキングの上位にも食い込むことでしょう。ということで、 物価も安く、比較的治安も良いほうなのでそんなに熟考もせず、気軽に行ってきました。

 ベトナム中部のビーチリゾートのダナン、世界遺産の港町ホイアンを日程に混ぜつつと考えておりましたが、3泊5日の短い日程の為、中部は諦め、南部のホーチミンだけに絞ることに。

welove.expedia.co.jp

新投入のレンズ

前回の台湾旅行ではAPS-CレンズのE 50mm F1.8 OSSをメインに据えていましたが、今回はα7sのセンサーサイズを活かせるフルサイズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (SEL55F18Z)とFE 90mm F2.8 Macro G OSS (SEL90M28G)を新投入。とはいえOSS(所謂手ぶれ補正)の重要性が高いことは身を持って体験済みですので、動画撮影のメインはOSS付きのSEL90M28G一本体制の気持ちで臨みました。

SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA フルサイズ対応

SONY 単焦点レンズ Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA フルサイズ対応

 

 ベトナム ホーチミンの所感

ホーチミンは思ったよりも都会で、夜景が素晴らしく奇麗でした。特に色遣いが東南アジアらしく、派手でゴージャス。普段から夜景撮影は好んで行っているのでテンションがあがってました。日本とは全く異なる風景にスナップも捗ります。

f:id:bibu747:20161123212928j:plain

f:id:bibu747:20161123213019j:plain

f:id:bibu747:20161123213037j:plain

f:id:bibu747:20161123214504j:plain

夜の動画撮影。なぜか激しく点滅してる?

とは言え旅行に関しては撮影は主では無く、観光がメインです。 撮影後もしげしげとプレイバックなんてしないで、歩きながらサクサク動画を撮るスタイルなのですが、いざ撮影した素材を見ると、夜景のシーンはなぜかチラついてました・・・。

f:id:bibu747:20161123213826j:plain

f:id:bibu747:20161123214540j:plain

シャッタースピードをミスってた?

最も自然な動きに見えるシャッタースピードは 1/(フレームレートを2倍した値に最も近い値)とか言われてますので、60Pでの撮影の場合、1/120で撮ることがベストだという認識でした。実際台湾での夜景の撮影でも特に支障は感じなかったのです。 今回の撮影に関しても同じようにやればいっか!程度にしか考えて居なかったのが大きな失敗の元でした。 要はこれ、フリッカー現象ですよね

蛍光灯のフリッカー 蛍光灯も、ちかちかとちらつくフリッカー現象を起こす。通常、蛍光灯は電源の2倍、すなわち50Hzの電源を使うならば100Hz、60Hzの電源を使うならば120Hzで点滅を繰り返している。この頻度は、人間の目で感知できないほど大きなものである。 https://ja.wikipedia.org/wiki/フリッカー

因みに私は関西に住んでいますので60ヘルツ(Hz)です。以前撮影した台湾も60ヘルツ(Hz)です。 まさかと思い調べてみると、ベトナムは関東と同じ50ヘルツ(Hz)でした・・・。そらフリッカー出ますよね。 この場合、最低のシャッタースピードは60Pで撮影する場合、1/100にしなければならなかったと後から気が付きました。今度旅行するときは、「現地のヘルツ数を確認する」という確認事項が解ったってことで一つ勉強になったと思います。まぁ失敗しないと学べないこともありますよねー。

ソニーストアのワイド保証で命拾い

何度も訪れたことのある国や観光地であれば、今回はスチールだけ!とか動画だけ!と割り切れますが、初めてで且つ海外旅行となると欲張りがちになってしまいます。

台湾は今年2回も行ったので、前回の旅行はほぼ動画しか撮ってませんでしたが、ベトナム旅行は初めてです。スチールも撮りたい、ムービーも撮りたい、あぁ広角も望遠も・・となると頻繁にレンズを交換することになります

はい。交換時にレンズ落として壊しました

たまたま落としたレンズがソニーストアのワイド保証に入っていたので、落下も無償で直していただきました。必ずしも安い量販店で買うのが正義では無いと、身に染みて感じでしまいました。ありがとうソニーストア。

以下動画からのキャプチャです。

f:id:bibu747:20161123214745j:plain

f:id:bibu747:20161123214906j:plain

f:id:bibu747:20161123214951j:plain

f:id:bibu747:20161123215030j:plain

f:id:bibu747:20161123215613j:plain

f:id:bibu747:20161123215639j:plain

f:id:bibu747:20161123215701j:plain

f:id:bibu747:20161123215804j:plain

撮影環境

  • カメラ:α7S
  • レンズ:Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS、Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA(SEL55F18Z)、FE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G) 

Vietnam Travel by ILCE-7S S-log2 ImpulZ™ LUTs from Takayuki Yamamoto on Vimeo.

instagramjapanハッシュタグ・プロジェクトのリファレンスイメージに

狙ったわけではありませんが、Instagram Japanの2016年9月のハッシュタグ・プロジェクトのリファレンスイメージ(#JHP絵葉書 )にベトナムで撮った画像が採用されました。 フォロワーが2百万人も居るアカウントでシェアされたので、なんと1万8千ものいいねを頂きました。動画は難しいので、やっぱりスチールを頑張ろうかなと思う今日この頃

 

ジャパン・ハッシュタグ・プロジェクト 9月のハッシュタグは… #JHP絵葉書 まるで絵葉書のような「絵になる風景」をシェアしてください。旅先で出会った珍しい景色、地元の名所、よく訪れるお気に入りの場所など、まずはフォトジェニックな場所を探してみましょう。もちろん写真にとらわれる必要はありません。滝の流れる音や、活気に満ちた街を行き交う人々の様子など、その場所の臨場感を動画で伝えてみるのもおすすめです。 JHPでは、毎月被写体テーマとそのハッシュタグをアナウンスして、そのテーマに沿った作品の撮影とシェアを提案しています。毎週木曜日には、参加作品の中からInstagramチームお気に入りの作品を @instagramjapan でご紹介しています。 参加方法:作品はInstagramアプリからシェアしてください。シェアする際には、キャプションに「 #JHP絵葉書 」と入力して投稿してください(綴りを間違えないように注意)。ご自身が撮影した作品のみ使用してください。過去の作品にハッシュタグを後付けすることも可能ですが、毎週フィーチャーする作品は、その月に投稿されたものの中から選ばれます。 Photo by @bibu747pardon

Instagram Japanさん(@instagramjapan)が投稿した写真 -

掲載している写真はすべてα7sで撮影撮影しました。

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S