読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PARDON | 写真、動画をトコトン鍛錬する

主にミラーレス一眼(α7S)で写真や動画を撮っています。 好きこそ物の上手なれとは言いますが、なかなか上達しない腕にカツを入れるための記録。

多賀大社に初詣に行ってきました。

あけましておめでとうございます。今年は初のエントリは初詣のお話です。

今年も奥さんの実家がある滋賀でお正月を過ごし、帰宅途中に多賀大社に初詣に行ってきました。多賀大社は恐らく全国的な知名度は低いかも知れませんが、意外と凄いスポットなのです。

f:id:bibu747:20170102133755j:plain初詣をする人でごった返す拝殿

多賀大社とは?

多賀大社(たがたいしゃ)は、滋賀県犬上郡多賀町多賀にある神社で、“お多賀さん”と呼び親しまれており、「延命長寿・縁結び・厄除け」のご利益があると言われています。

天照大神(あまてらすのおおみかみ)を祀っている伊勢神宮は有名かと思いますが、多賀大社はその天照大神の両親であり、日本最初の夫婦、伊邪那岐大神(いざなぎのみこと)と伊邪那美大神(いざなみのみこと)を祀っているんです。

f:id:bibu747:20170102134311j:plain

イザナギとイザナミのお話はスケールが大きすぎて面白いですね。

国産み - Wikipedia

神産み - Wikipedia

 

オタマジャクシの語源は多賀大社にアリ

多賀大社にはお守りとしてしゃもじを授ける「お多賀杓子(おたがじゃくし)」という慣わしがありますが、これが「オタマジャクシ」の名の由来とされているそうです。

和名は、滋賀県犬上郡多賀町に所在する多賀大社の由緒ある縁起物である「お多賀杓子(おたがじゃくし)」に起源ありとされている。この杓子(しゃくし、しゃもじ[杓文字])の形状は、湾曲した柄と、食物をすくうことのできる窪みを持った円形の先端部からなる独特のもので、そこから飛躍的連想の働きにより、相似の形状を持つカエルの幼生の呼称「おたまじゃくし」の派生につながったとのことである。「お多賀杓子」が全国に普及するなかで生まれた転訛[2]形である「お玉杓子(おたまじゃくし)」を介し、その発音がそのままカエルの幼生の呼称ともなったとされる。

オタマジャクシ - Wikipedia

f:id:bibu747:20170102133937j:plain多賀大社の絵馬は杓文字型の「杓子えま」

 

昨年は身内が重い病気を患った為、延命長寿のお守りを購入。
ご利益があれば良いのですが・・・。

今年の個人的な目標としては、「写真で結果を残す為の行動に移す」ってコトで、結果ではなく、行動に移すところ迄を目標としておきます。結果よりもプロセスの方が重要ですからね。

f:id:bibu747:20170102135629j:plain

 

このページに掲載している写真はすべてα7sとSEL90M28Gの組み合わせで撮影しました。

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S